ハレクイスパロマ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・スーパー・ロマンスのお勧めばかり集めて一人ほくそえむ・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

恋のセーリング (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
カリブ海の夕日はたとえようがないほど美しい。ミランダが失恋の痛手を負いフロリダから逃れてきて5年―マリーナ経営に忙しい毎日を送りながらも自分を捨てた恋人とセーリングした日々をいまだに思い出す。あれ以来、また裏切られるのではないかという不安から男性との付き合いは努めて避けてきた。いまはもうかつてのように相手を信じきることはできそうもない。しかし国際レガッタを機会にフロリダに戻ったミランダは、天才ヨットマン、ウォーカーに出会い初めて大人の恋におちた。だが、ふたりの恋はたちまち暗礁に乗り上げる。ミランダもウォーカーも相手と同じくらい仕事を愛していたからだ。お互いに妥協することなく愛を育む方法はないのか…。ミランダの新たな苦悩が始まった。

ダブルロマンス (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「もしもし、ミセス・ファレルですか?ウェイ・ダルトンですが、いまからお宅へ伺いますからよく目を覚まして待っていてください」「こんな早朝に何事です?非常識だわ」「あなたの息子さんがうちのヘザーを妊娠させたんですよ!」「まさか!ジェフにかぎってそんな…」大学教授アマンダの脳裏に昔の苦い記憶がよみがえった。結婚前のまだ十代のころ妊娠した彼女は、16年前、プロゴルファーをめざす夫に捨てられたのだ。アマンダの心配をよそに、ジェフは愛しているから結婚するという。言い争うふたりの前に、ヘザーとその父親が現れた。アマンダの目はプロ野球選手である父親のウェイに釘づけになる。“長身でたくましくて、愛する妻を事故で亡くした男。でもわたしの嫌いなスポーツ選手なんだわ”初めは子供たちの結婚に反対していたアマンダだが、ウェイの説得もあって次第に態度を和らげていく。同時にウェイをひとりの男として意識し始めるのだった。

遺跡にかかる虹 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「この壷は偽物だ」ロビンの店にふらりと入ってきた男がいきなり言った。「えっ?いったいなんのこと…」ここサンタフェでロビンが写真店を開いて一年になる。彼が指さしているのは、彼女がインディアンの村に行ったとき、そこで壷を焼いていた職人から借りて撮影した写真だ。アダムと名乗るのその考古学者は、その壷が古代の壷の贋作だと言うのだ。「贋作を作るのは犯罪なんだ。ぼくと一緒にこの壷を作った職人を捜しに行ってほしい」彫りの深い顔だちに神秘的な雰囲気を漂わせた、アパッチインディアンの血を引くアダムに惹かれるまま、ロビンは事件に介入していく。だが、彼女の周囲には次々と犯人からの警告が―。

復讐はやさしく―2000年には復讐を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ボストンのテレビ局で子供番組を担当するキャシーは、アルバイトのハーバード大学院生フィリップと激しい恋に落ちた。大学院を卒業したフィリップは、キャシーに誓った―約束するよ、必ず戻ってくる、そしたら死ぬまで一緒だ。オハイオの家族に話をつけて戻ると言って、彼は故郷に帰った。それから何週間たっても、何カ月たっても、なんの音沙汰もない。一年後、キャシーの同僚で親友のダイアンのところに、なんとオハイオのフィリップから結婚式への招待状が届いた。こんなひどいことがあっていいの?一年間苦しみ抜いたキャシーの辛い心を知るダイアンは、次から次へ、これでもかとアイデアを出し、復讐計画を立てた。そしてテレビ局の取材を装い、キャシーとダイアンは局カメラマンを伴って、フィリップのもとへと復讐の旅に出た。

危険な火遊び (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「デニーは健康で正常な子供です」放火癖のある青少年のための教育を進めている消防士ジェブに、リザはきっぱりと言った。昼間はピアノの調律師、夜はナイトクラブでピアノを弾くリザは、私生児の5歳の息子とふたり、両親とも絶縁状態で暮らしている。忙しくてなかなか息子をかまってやれない毎日だ。父親のいない家庭のハンデも痛いほど感じている。「息子がぼやを起こしたのは事実です。でも単なる好奇心からだわ。父親のいる子にだってあり得ることでしょう?」だが、家庭環境に問題の原因があると見たらしいジェブは、それ以来なにかとリザの生活に立ち入ってきた。小さなデニーも彼を気に入ったらしく、しだいになついていく。彼がハンサムで誠実で気さくな人なのは認めるわ。でも…。恋もなにもかも犠牲にして築いてきた生活を乱されたくない。リザは自分の心の中でうごめく欲望の力を恐れた。

夢ララバイ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
初対面のジェイスンにスーザンの胸はときめいた。離婚歴のある彼はスーザンより17歳年上で、4人の子供を抱え、ひとりで牧場を切り回している。彼女はそこへ夏のあいだ手伝いにやってきたのだ。人生の曲がり角をいくつも通りすぎてきた男のきびしい表情に、彼女は次第に魅せられていく。しかし、ジェイスンは彼女に近づこうとはしない。スーザンはとうとう我慢できなくなり、彼に詰め寄ってしまう。「ぼくはきみの父親ほどの年齢なんだよ」「でも、あなたはわたしの父親じゃないわ」「スーザン、いまはそれ以上言ってはいけない」“じゃあ、いつならいいの?”心のなかで叫ぶ彼女に、ジェイスンは暗い笑みで応えるだけだった。

デルタの熱い夜 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
すさまじい爆音―耳をつんざく機関銃の音。アリサは懸命に走った。彼を助けなければ。「早く逃げて、早く!」だが、飛行機の爆音でその男に声は届かない。アリサが男に思いきり体あたりする。2人は抱きあったまま真っさかさまに用水路にころげ落ちた…。ミシシッピ川の下流に広がる豊かなデルタ地帯で考古学者アリサとペースの出会いは衝撃的だった。この瞬間から燃えあがる恋の炎。だが野性的な農場主ペースの表情がときおり暗く陰る。ふと彼の口を突いて出る“あの女”とは、いったいだれなのだろう?ポバティ・ポイント遺跡の祭壇で2人が愛を誓うのはいつか…。

クレオの冒険 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
クレオが会社からの帰り道にすてきなスパイと知り合ったのは、名前がクレオパトラだったからだ。諜報部のクラークは“クレオパトラ”というコードネームのトップシークレットのプロジェクトを遂行中。この計画の阻止を企む連中はクレオを重要人物と誤解したらしい。諜報部はその取り違えをいいことにクレオに協力を求めた。“クレオパトラ”計画は今さら中止するわけにはいかないので、一刻も早くどこから情報が漏れたか突きとめなければならない。そのためには彼女とクラークが一緒にいれば敵を誘い込みやすい。だから2週間でいいから彼と偽装結婚してくれないか、と。会社と家を往復するだけの毎日にあきあきしていたクレオはふたつ返事で承知してしまった…。こうしてクレオの冒険が始まった。

ふたたび春が (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
“グランドランド・J・オコンナー牧師”エリザベスは車を降りて十字架のついて掲示版の文字を3回読んだ。これがほんとうに5年前に自分を捨てた夫グラントなのだろうか。彼女がニューヨークから千キロの道程をやってきたのは、やっと見つかった夫を連れ戻すためではなく正式に離婚するためだ。だが現れたグラントを見てエリザベスはびっくりした。かつて冷酷な企業乗っ取り屋と恐れられていたビジネスマンがラフな格好をしたとても感じのいい男性に変身している。“いいえ、ここでだまされてはいけないわ。生きる手段は変えられても人生観は簡単に変えられるものじゃない”夫が去っていったときの言いしれぬ苦しみがよみがえってきた。“でも、どうして黙って出ていってしまったの?”離婚を決心してやってきたエリザベスの心は揺れた…。

花嫁は親友の妻 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
キャロラインは夫ボーの死後、婚家でのひどい仕打ちに耐えかね、先のめどもないまま、五歳の養女ローズを連れて旅に出た。亡夫ボーに子供がつくれず養女にしたローズだが、キャロラインは命に代えても惜しくないほど愛している。彼女は生前ボーが兄と慕っていた牧場主アダムを訪ねることにした。一方、亡くなった親友ボーの妻が娘を連れて現れたことで、アダムは心底から動揺した。ボーとアダムのあいだには、二人しか知らない秘密があった。特にボーの妻には、決して知られてはならない秘密だ。まして、その女性に自分が惹かれるなど、アダムは絶対に自分が許せなかった。波瀾万丈の女性の人生をしっとりと描いて大好評の実力派ストーリーテラーが、前三作に引き続きグローリーの町を舞台にして描く、涙なしには読めない長編正統派ロマンス。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ボウエン,ジュディス
カナダ、アルバータ州エドモントンの生まれ。ロッキー山麓で育ち、カナダの大自然とそこで生きる人々に深い共感を持つ。十二歳のときお小遣いをためて初めて自分の馬を買ったという筋金入りの馬好き。オタワの大学を卒業後、新聞社、雑誌社の仕事をしたのちフィクションを書き始めた。夫、三人の子供と現在ブリティッシュ・コロンビア州に住む。スーパーロマンス・シリーズに登場した期待の実力派ストーリーテラー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

{鶯谷・うぐいすだに} {ハロー!江東区!} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {アキバ中毒のページ} {電子たばこ} {台東紀行} {GOGO!江戸川区!} {高収入バイト情報} {墨田区紀行} {東京ぶらぶら} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {台東クラブ} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {美容外科} {千葉の印刷なら千代田印刷} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO}
{シルキー天国} {サワークリームのカオリ}

ooo千葉県の自然ooo パンマニアーナ@千葉市ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo ~品川の街~ooo 千葉県の重要文化財一覧ooo ライズスモーカーooo 豆千葉ドットコムooo おそれ入谷の鬼子母神ooo 千葉県の民俗・風俗ooo 将棋好き好き@千葉ooo 「TaEco」(タエコ)ooo 特大房総!房総の魅力満点!ooo ファッション.コレクションooo 山手線エリアで食べられるおいしいパン。ooo ひんやりooo 千葉ちゃんパパの公園散歩ooo Rest for a momentooo 焼肉喰ってパワーアップッ!ooo リネージュIIクロニクル5ooo マージャン大好き麻雀@千葉ooo